腰痛

このような症状のかたは要注意

■ 起床時の体のこわばり
■ 腰・背中の痛み
■ 腰を曲げられない、伸ばせない

腰痛のない生活にしていきませんか?

腰痛の種類

腰痛の種類について、代表的なものを紹介していきます。

ぎっくり腰

椎間板などの腰の組織のケガであり、 腰椎捻挫または、腰部挫傷と言われます。

椎間板ヘルニア

椎間板が突出あるいは脱出し、座骨神経の始まる部分である 腰の神経が刺激されることにより症状が 生じるものです。若年~中年層で起こる頻度が高いです!

腰部脊柱管狭窄症

腰椎が年齢とともに変化し、腰の神経が圧迫されることで起こります。歩いている途中で 一次的に歩けなくなるといった間欠跛行などが代表的な症状です。

その他の症状による腰痛

胃潰瘍など消化器系の病気
尿路結石など泌尿器系の病気
子宮筋腫など婦人科系の病気
解離性大動脈瘤など循環器系の病気
等があります。

その他に原因が分からない腰痛

運動不足、ストレス、不安、不眠、肥満など

不安やストレスが多い方は痛みを感じやすいです。

繰り返す腰痛

一時的にも腰痛が良くなることがあると思いますが、多くの方が腰痛を再発·繰り返しています。

なぜ再発しているのかというと腰の環境が改善されていないからです!

整体やマッサージに行っても、血流が良くなれば、その時は腰の痛みが引いていることがあります。
しかし、その負担のかかっている姿勢が改善されない限りまた元に戻ってしまうのです。

例えば、腰痛が仕事中の猫背の状態が継続的に毎日続いた結果、腰の痛みが出ていたとします。
継続的に猫背の状態が続くと、腰の筋肉や背部の筋肉は緊張してしまいます。(引っ張られてしまいます)

すると筋肉が張ってくるのと、血流が悪くなります。

血流が悪いと腰に痛みが出ます。

そこで整体やマッサージを受けると、一時的に血流が良くなるので腰の痛みが引くのですが、原因である仕事中の姿勢が改善されない限り、同じことの繰り返しになるのです。

こころ整骨院 イオンスタイル笹岡院では、そのような痛みの根本から治療を行い、普段の姿勢から改善を行っています。

腰痛の再発やギックリ腰が再発しないようにするには、同じ動作·姿勢があった時に負けないようにすればいいのです。

そのためには、負担のかかる姿勢の改善や筋肉の強化が求められます。

矯正+インナーマッスルの強化

姿勢の改善では、背骨·骨盤矯正を行い、筋肉の強化にはEMSのトレーニングでインナーマッスルを鍛えていきます。

ズバリ姿勢が悪い人は腰痛やギックリ腰になるリスクが多いということです!
その状態を放っておくと、しまいには腰椎椎間板ヘルニアになります。
ヘルニアになると、手術のリスクや入院することもしばしばあります。

その状態になる前に治療することが大切です!

こころ整骨院 イオンスタイル笹丘院にぜひ一度、ご相談ください。